ハンドルバーエンド&レバーガード



●ハンドルバーエンド●

スーパースポーツマシンからネイキッドバイクまで、ビッグバイクにマッチするハンドルバーエンドです。 デザインは少し太めで、先端にはテーパー加工を施し引っ掛かりにくくしています。 また円周部分には細かいローレットを刻み、滑り止めと共に製品に表情を与えています。 素材は軽量なアルミ合金もしくは、振動対策用に重量のあるステンレス合金を、長さもショートとロングの2種類に加え、フラットなベリーショートタイプもご用意いたしました。 さらに振動の大きいバイク用に、ロングインナー・ウエイトタイプもございます。 また、少し小径のφ22mmもご用意いたしました。 お好みに合わせてお選び下さい。

            

●φ30mm ショートタイプ



●φ30mm ロングタイプ



●φ30mm アルミ合金削り出しタイプ



●φ30mm ステンレス合金削り出しタイプ



●φ22mm アルミ & ステンレス合金削り出しタイプ



●各ハンドルバーエンドに赤色が追加になりました



●φ22mm タイプ



 

●ベリーショートタイプ(フラットモデル)



●M6 or M8用(写真左)及び、ハンドル内径14-16mm/18-19mm Set(写真右) 内容



  

●左から、YAMAHA用、KAWASAKI他、 用のキットです
詳しくは
こちらから



●ハンドル内径14-16mm/18-19mm ロングインナーウエイトセット (ウエイト長を調整できます)



ハンドルバーエンド&レバーガード一覧表

ハンドルバーエンド各車適合表

ハンドルバーエンド&レバーガード価格一覧表




●レバーガード●


コース上でのドッグファイト中、となり合うバイクとの競り合いでブレーキレバーが相手の車体に触れ、意図せずブレーキがかかりシリアスな転倒が起こることから、MotoGPではこのレバーガードの装着が義務づけられました。 レバーガードの有用性はレーシングフィールドだけではなく、街乗りでもハンドガードとして機能することから、左サイド用も製作いたしました。 製品は、ブラックアルマイト仕上げです。
注:取り付けに際しては、アクセルグリップラバーとレバーガードの間に、適正なクリアランスを設けてください




レバーガードのデザインを一新しました。 数多くのレーシングライダーの意見を取り入れ、どのようなグリップスタイルでも違和感なくハンドルバーを握れる構造にしました。 ハンドルに取り付けるステーとレバーガードは、取り付け角度を8段階調整可能で、ステーの取り付け角度と合わせてベストポジションが得られます。 またバーエンドを握り込むようなスタイルに合わせ、小径(φ22mm) のハンドルバーエンドもご用意しています。





●右サイドへの装着例


●左サイドへの装着例




ハンドルバーエンド&レバーガード一覧表


ハンドルバーエンド&レバーガード価格一覧表


●必要に応じてハンドルバーエンドをお求め下さい



TOPページに戻る